事務所について

事務所の営業時間を教えてください。
平日土日祝日問わず、日中の間であれば基本的には対応可能です。また、早朝や深夜であっても、緊急の場合にはご相談可能ですので、お気軽にご連絡ください。
事務所へはどのようにご連絡すればいいでしょうか。
直接お電話いただくか、お問い合わせフォームよりメールにてご連絡ください。
どのような案件を取り扱っていますか。
法人のクライアント様が大多数ですが、個人の民事・刑事事件も幅広く取り扱っておりますので、お気軽にご連絡ください。
具体的な過去の事件取扱い実績をお伺いすることはできますか。
守秘義務に反しない程度でご回答できますので、別途ご質問ください。

法律相談について

法律相談したい場合にはどのようにすればいいでしょうか。
まずは電話かメールでの相談とさせていただいております。
いきなりお伺いしても大丈夫でしょうか。
いきなりのご訪問はお受けしておりません。まずは電話かメールでご連絡お待ちしております。
紹介がなくても相談可能でしょうか。
問題ありません。特に原発賠償請求についてはどなたでもご連絡お待ちしております。
法律相談をしたら、必ず事件を依頼しなければならないのでしょうか。
法律相談は初回無料ですし、相談した結果、ご依頼を控えていただくことは一向に構いませんし、その場合にも費用は発生しません(ただし、無料相談の性質上、他の案件により多忙な場合には、ご相談のお申込み自体をお断りすることもあります。)。
自分自身のことではないのですが、相談することはできますか。
原則的にはご本人からのご相談のみお受けしておりますが、事案によりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
土日祝日・早朝深夜の相談は可能でしょうか。
その時の都合次第ですが、曜日時間帯問わずご相談は可能です。
遠隔地での相談は可能でしょうか。
全国どこでも出張での相談が可能です。ただし、事前のご相談により日当を頂戴する場合がございます。

費用について

弁護士費用はどのような体系となっていますか。
弁護士費用としては、大きく分けて、事件の受任段階でいただく着手金と、事件が終了し、かつ成功した場合にいただく成功報酬金があります。事件の種類や内容・難易度等によって、弁護士費用の金額は変わってきます。各種事件の着手金・成功報酬金の目安については、弁護士費用をご参照ください。
弁護士費用の分割払いは可能でしょうか。
当事務所では、原則として、着手金及び成功報酬金ともに、一括でお支払いいただいております。ただし、個々のケースによってはご相談をお受けしますのでお気軽にご相談ください。
依頼する前に弁護士費用の見積もりをもらうことは可能ですか。
無料相談の結果、無料で見積もりをお出ししております。見積もりをご覧いただいた上で、ご依頼いただくかどうかご検討ください。

事件処理について

弁護士に依頼する場合、本人はどの程度の作業を負担する必要がありますか。
案件によってまちまちですが、ご希望に沿って、負担の程度を調整しながら事件処理に努めさせていただきます。
事件処理の途中経過は教えてもらえますか。
当然、全ての事件について、途中経過を逐一報告・相談しながら事件処理に当たらせていただきます。
事件処理の方針は誰が決めるのですか。
事件そのものはあくまでもクライアント様ご本人のものです。クライアント様のご意向を最大限尊重し、十分に相談しながら、事件処理の方針を決定していきます。
依頼した事件の中途解約は可能でしょうか。
依頼者は、どのようなタイミングであっても、中途解約は可能です。ただ、受任から解約までに生じた事務処理負担量や、事件の仕掛の程度、成功への到達度の程度等に応じて、個別の相談の上、弁護士費用のご請求をさせていただきます。

その他

事件以外の依頼も可能でしょうか。
講演、執筆、出演等、事件以外のご依頼もお受けしております。
採用活動や事務所訪問は行っていますか。
弁護士及び事務員等の採用の予定はありません。また、事務所訪問は受け付けていませんが、法律に興味がある学生や実際に勉強中の学生(司法試験受験生を含む。)及び司法修習生や若手弁護士の方々からの個別の勉強相談、就職相談、法律事務所の運営に関する相談等については、ご連絡いただければ、法曹界の先輩として、出来る限りのご協力・アドバイスを差し上げたいと思います。

ページの上部へ